はてなマークの写真

バーチャルオフィスとは?
ブランド力向上やコストカットで事業を支援

近年、働き方の多様化が進む中、バーチャルオフィスやシェアオフィス、レンタルオフィスといった言葉を頻繁に聞くようになりました。
しかし違いが曖昧で区別が付かないという方もいるのではないでしょうか?
HarborS 表参道ではバーチャルオフィスサービスの提供を行っていますが、バーチャルオフィスの機能やサービスについて説明する前に、まずはシェアオフィスやレンタルオフィスとの違いについて説明します。
これから起業を考えている方や起業準備を行なっている方はぜひご覧ください。

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスの意味や違いとは?

3つの特徴を簡単に述べると以下のようになります。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは小規模のオフィスをレンタルするサービスです。専用スペースのレンタルとなり、個室を割り当てられ利用できます。従業員が少ない会社や個人で仕事をされる方で、オフィスは必要なものの、仕事場としてのスペースがそれほど必要でない場合に利用することが多いです。
チームでの作業が多かったり、顧客の書類を管理するスペースが必要な場合に利用されることが多いです。

シェアオフィス

シェアオフィスはオフィスとして使用可能なスペース共有するサービスです。共有スペースのレンタルとなり、オフィス内にそれぞれデスクが割り当てられ、そこで各々仕事をするというケースが多いです。
利用するのはオープンスペースの専用デスクとなるので、当然他の企業や個人も利用しており、情報の取り扱いには配慮が必要になります。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスはレンタルオフィス、シェアオフィスとは違い、オフィス自体を持たない形態です。基本的には仕事で使う住所や郵便物などに関するサービスの提供を行い、事業のサポートを行います。
そのため、業務や作業は別の場所で行い、仕事用の住所のみ使えれば良いうという方におすすめのサービスです。

まとめると、レンタルオフィスとシェアオフィスは個人〜少人数向けのオフィスで、賃貸でオフィスを借りたり店舗を用意するほどでは無い方や個人や少人数で作業する方向けになります。
対してバーチャルオフィスとは住所のレンタルやそれによって必要になる様々な手間を代行するサービスです。バーチャルオフィスによっては、付随サービスを付けず住所のみをレンタルすることも可能です。
港区でバーチャルオフィス・シェアオフィスをお探しの方へ バーチャルオフィスの歴史とオフィス形態の種類

バーチャルオフィスを利用する目的

レンタルオフィス、シェアオフィスとバーチャルオフィスとは大きく違いますが、ではそもそもオフィスではなく住所のみを利用するとはどういうことなのか疑問に思った方もいるかもしれません。
住所のみをを利用する大きな目的として、事業を行う際の名刺やHPなどに掲載したり、法人登記の際の住所として利用することが挙げられます。起業や個人事業主として独立する際に、住所は必ず必要になってきます。他にもセキュリティ対策やブランディングなどにも利用でき、新しくビジネスを始める際に安全に、かつ信用を得やすくなるというメリットがあります。

最近ではテレワークやリモートワークが推奨され、それを機にオフィスを解約し、バーチャルオフィスの利用を始める会社も増えています。オフィスの在り方が見直されつつある昨今において、オフィスを持たないという新しい選択肢を提供するのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスを利用するメリット

ポイントの文字と手

バーチャルオフィスを利用して、自宅や既存のオフィスとは別の住所を登記や本店所在地として掲示する主なsメリットとして以下の点が挙げられます。

1.土地の持つ信用性やブランド力を事業に付与する

例えば、表参道から程近い弊社では「東京都港区南青山」の住所をお使いいただくことができます。それによって取引先や顧客に対して、華やかで洗練されたイメージを与えると共に安心感を与えたり、信用を得やすくなるといった効果があります。
また、バーチャルオフィスは遠方や地方であっても利用が可能なので、地方にいながら東京都心の住所を利用することができる点も魅力と言えます。地方で事業をされる方には当然、東京のオフィスは必要ありません、そこで、実際のオフィスを持たず住所のみでもレンタルできるバーチャルオフィスが役に立ちます。

2.法人登記を自宅住所でしたくない・できない場合に有用

法人登記をする際には必ず住所の登録が必要になります。
法人登記自体は自宅の住所でも可能ですが、マンションによっては法人登記を禁止していたり、オフィス利用ができないところもあります。せっかく自宅でできる仕事なのに、登記のためだけにオフィスを借りるのはコスト的にも無駄が多くなります。
また登記簿は一般に公開される情報ですので、自宅の住所が不特定多数の目に晒されることになります。
そういったセキュリティやプライバシーについて危惧する方は多く、バーチャルオフィスを利用することで、安全に事業を始めることができるといった理由でご利用される方もたくさんいます。

3.コストを大幅に削減できる

これから起業したり、個人事業主として事業を行おうとしている方にとってコストの多寡は死活問題で、なるべく費用を抑えたいものです。
賃貸でオフィスを借りるとなれば費用はかなりかさんでしまいます。それに対してバーチャルオフィスでは月額一万円程度で住所の利用や法人登記だけでなく、ポストや郵便転送など十分なサービスを受けられます。
レンタルオフィスやシェアオフィスでも登記が可能な場合もありますが、やはりバーチャルオフィスと比べると費用は高くなってしまいます。安全に起業するなら、なるべくリスクの少ない手段を選びたいものです。

弊社のバーチャルオフィスでは住所利用プラス法人登記利用を月額6800円でご利用いただけますので、費用面でもそれほど大きな負担にはなりません。

バーチャルオフィスでの法人登記は違法なのか?

法人登記は公的なものですので、他者が利用している住所を使用することや名義が自分ではない住所を使うことに違法なのではないかと不安を覚える人もいるでしょう。
検索画面で「バーチャルオフィス」と入力すると「違法」と出てくることも多く、それだけバーチャルオフィスの違法性について関心が高いということでしょう。

結論から言いますと、バーチャルオフィスを法人登記に利用することは違法ではありません。実際にバーチャルオフィスを利用して登記をされているお客様はたくさんいらっしゃいますので、ご安心ください。

ただし、業種によっては事務所要件等がある場合などにバーチャルオフィスでの登記ができない場合がありますので、契約前に確認しておくことをおすすめします。
【青山】バーチャルオフィスなら少ない初期費用で月額プランの利用が可能 バーチャルオフィスの利用に向いている業種とは

他事業者との住所の共有への懸念

疑問視する女性

バーチャルオフィスのもう一つの懸念点として、同一の住所を複数の事業者が利用することが挙げられます。

例えば、反社会的な組織がバーチャルオフィスを利用して事業を行い、利用している住所の信用や価値が失墜するようなことがあれば、無関係といえど影響が無いとは言い切れません。

そのため、そのバーチャルオフィスが信用に値するかや安全に利用できるかを見極める必要があります。審査もなく、申し込みのみで入会できるバーチャルオフィスには注意が必要です。
弊社ではお客様の保護と安心安全なバーチャルオフィス運営のために、入会前に面談や提出書類を元にお客様や事業に関する審査を行なっております。
また、利用規約によって悪徳事業者の排除が可能な体制を作り上げており、お客様とその事業に対する安全を担保すべく対策を講じております。
バーチャルオフィスの選び方!わかりやすい6つのチェックポイント

その他のバーチャルオフィスサービス

住所貸しや法人登記などの基本的なバーチャルオフィスサービスの他にも、バーチャルオフィスにはさまざまなサービスが用意されています。お客様にご満足いただくべくサービスを展開しております。

専用ポスト

HarborS 表参道のポスト

バーチャルオフィスサービスの定番として専用ポストが挙げられます。
お客様ごとに専用のポストを割り当て、各自で郵便物を引き取れるサービスです。専用ポストはバーチャルオフィスの営業中のみ引き取り可能な場合など条件がつく場合もあるので事前の確認をおすすめします。

弊社ではオプションでご契約いただける専用ポストを利用することで、ご契約者様宛の郵便物を24時間365日お好きなタイミングでお引き取りいただけます。

郵便転送

郵便物

郵便物の取り扱いについてはお客様が自ら引き取りに来る専用ポストの他にも、郵便転送のサービスがあります。契約しているバーチャルオフィスまでなかなか足を運ぶ機会が無かったり、遠方や地方にお住まいの方にはご自身で郵便物を引き取りに来る必要が無い郵便転送がおすすめです。郵便転送は量によって金額が変わったり、転送の時期などバーチャルオフィスによって異なるので、こちらも事前に確認しておくと良いでしょう。
弊社の場合は、週に一度ご契約者宛の郵便物を弊社よりお送りさせていただきます。また転送可能な郵便物については、想定される量に応じてプランをお選びいただけます。

来客対応

お辞儀する女性

HPや名刺などに住所を記載すると、その住所宛に来客がある場合もあります。その際に、バーチャルオフィスのスタッフが代理で対応するサービスになります。

来客対応の方法についてはバーチャルオフィスによって異なります。
弊社の場合ですと、ご契約者様への突然の来客の際は弊社スタッフよりご不在の旨をお伝えし、その際にお名前と連絡先を頂戴し、ご契約者様にメールにて来客の旨と連絡先をお伝えいたします。
また、当サービスはオプションではなく基本料金に含まれます。

電話転送

地球儀とタワー

電話転送は個人で利用している携帯電話や自宅の固定電話の番号を使って事業を行いたく無い場合に役立つサービスとなっています。
お客様専用の電話番号を付与し、ご指定の電話番号へ転送致します。
電話転送を利用することで東京都外にお住まいの方でも東京の市外局番の電話番号を利用することができます。
バーチャルオフィスを登記住所にすれば起業の初期費用が抑えられる 起業における固定電話のメリットとは

会議室利用

HarborS 表参道の会議室

オフィスを持っていないと取引先や顧客との対面での打ち合わせや商談の際に困るのではという懸念を抱えている方も多く、そんな方のために貸し会議室を用意しているバーチャルオフィスもあります。一時的な利用なので費用も抑えられますし、ホワイトボードやモニターの貸し出しを行なっているところもあります。

弊社では8名まで収容可能な会議室のレンタルを行なっております。1時間3000円で事前予約制となっております。
ご利用の際は貸し会議室予約ページよりご予約ください。

カフェラウンジ・テラス利用

HarborS 表参道のカフェ

弊社では会議室以外にも、お客様にご利用いただけるスペースをご用意しております。
少人数での打ち合わせやミーティングなど、会議室を利用するほどではないというお客様にはお一人様あたり1時間500円でカフェラウンジもご利用いただけます。弊社自慢のテラスも同料金ご利用いただけます。

バーチャルオフィスとは、
起業するなら知っておきたい新しいオフィスの形

チェックの文字

バーチャルオフィスとはレンタルオフィスやシェアオフィスと違って、その名の通りオフィスとしての実体を持たない点が特徴です。
それ故に安全性や違法性が無いかについて不安や懸念も多くなるのは当然ですが、実体が無いからこそより多くの人が手軽に利用できるという魅力があります。
弊社は今後もより良いサービスの提供の約束をいたしますと共に、懸念や不安を抱えるお客様に親身に寄り添うバーチャルオフィスでありたいと考えております。

ご契約までの流れはこちら

RELATED ARTICLES

ABOUT US

バーチャルオフィスをお探しの方に向けて、HarborS 表参道の魅力や多くのお客様にご愛顧いただいている理由を解説します。

詳しく見る

まずは説明会をご予約下さい。お申し込みより最短1~3営業日で利用開始可能です。また、ご利用には審査が必要です。

詳しく見る

HarborSのバーチャルオフィスについての質問にお答えしております。ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

詳しく見る

青山でバーチャルオフィスのレンタルをお考えならHarborS 表参道へ

会社名(英文名) 株式会社アンチパターン(Anti-Pattern Inc.)
店舗名 HarborS 表参道(ハーバーズ表参道)
住所 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15−9 MINOWA表参道 3階
電話番号 03-6885-6140
メールアドレス contact@harbors.sh
URL https://harbors.anti-pattern.co.jp/virtual_office/
アクセス 東京メトロ銀座線、半蔵門線「表参道」下車 A4出口 徒歩3分

ACCESS

HarborS 表参道は、港区青山エリアに位置しており、表参道駅A4出口から徒歩3分という好立地です。
住所は「港区南青山」とブランド力抜群のこのエリアは、渋谷、原宿、麻布、赤坂、六本木エリアとも隣接しており、どこからのアクセスも抜群の立地という特徴があります。

[周辺からのアクセス]

渋谷:銀座線で1分 (徒歩20分圏内)

原宿:千代田線で1分 (徒歩20分圏内)

六本木:千代田線(乃木坂駅利用)で2分 (徒歩25分圏内)

赤坂:千代田線で6分 (徒歩30分圏内)