レンタルオフィス

港区でバーチャルオフィス・シェアオフィスを
お探しの方へ
バーチャルオフィスの歴史とオフィス形態の種類

インターネットや携帯電話が普及したおかげで、ネット環境が整っていればどこでもビジネスができるようになり、働き方も多様化しています。また、オンラインミーティングの浸透により、今やオフィスは必ずしも必要なものではなくなりました。

その一方で「バーチャルオフィス」や「シェアオフィス」、「SOHO」など、低価格で利用できる様々なオフィス形態が人気を集めています。しかし、それぞれの違いがあまりよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、少ない費用で起業したいとお考えの方に向けて、バーチャルオフィスの歴史やオフィス形態の種類とその特徴、そして港区でバーチャルオフィスを提供するHarborS 表参道ついてご紹介します。

港区でバーチャルオフィス・シェアオフィス探し!
バーチャルオフィスの普及

オフィス形態には、シェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィス、バーチャルオフィスなどがありますが、中でもk近年特に注目されているのが月額数千円から利用できるバーチャルオフィスです。ここでは、バーチャルオフィスが誕生するまでの経緯を簡単にご説明いたします。

バーチャルオフィスの誕生のきっかけは、シェアオフィスやSOHOを含むレンタルオフィスの普及です。レンタルオフィスは、ビジネスをしたいのに費用と場所が確保しにくい人たちのために、ビジネスに最低限必要なスペースを希望の期間まで、貸し出すサービスを開始したのが普及の始まりでした。

レンタルオフィスが市場に出回り始めたのは1990年代後半ごろです。中でもシェアオフィスはデスク・椅子・ロッカーなど、仕事に必要な最低限のものが完備されているところも多く、自分だけの専用スペースを借りることができました。

その後、パソコンやインターネット、携帯電話が普及し、場所を選ばず働けるようになると、自分専用のスペースがあまり必要ではなくなります。そこで誕生したのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは、ビジネスに必要な住所と電話番号などを提供するサービスで、レンタルオフィスよりもさらに安い料金で利用することができます。

バーチャルという名称ですが、実際には会議室やカフェスペースが利用できたり、来客対応や郵便物の受け取りサービスがあったりと、低価格でありながらサービスが充実しているところも人気の理由です。

時代の変化とともに顕著に注目されるワークスタイル!
オフィス形態の種類

パソコンと仕事道具

前述のとおり、オフィス形態は通常の貸事務所のほか、シェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィス、SOHO、バーチャルオフィスなどがあります。ここでは、オフィス形態の特徴を見ていきましょう。

シェアオフィス

シェアオフィスとは、オフィスフロアや設備を共有して使用するワークスタイルです。基本的に、複数の企業や個人がオフィス空間とデスクを共有し、PCや固定電話などは自分で持ち込んで業務を行います。

コワーキングスペース

ワークスタイルはシェアオフィスと似ていますが、異なる業種の利用者たちが一つのオフィス空間を共有しているため、様々な人と交流できる点が特徴です。図書館やカフェのようなオープンスペースになっていることが多く、個室や専用部分はほとんどありませんが、中には専用デスクを契約できるものもあります。

レンタルオフィス

専有できる小規模の個室スペースを借りながら、必要に応じて共有スペースも利用できるワークスタイルです。デスクや椅子をはじめ、ネット回線やキャビネットなど、業務に必要な設備・環境があらかじめ用意されています。貸事務所より、コストを抑えて起業することが可能です。

SOHO

SOHOは、スモールオフィス・ホームオフィスの略で、低価格で利用できるオフィスです。オフィスは「事務所契約」なのに対し、SOHOは「住居契約」です。事務所契約の場合は、住居としてオフィスに寝泊まりすることができません。一方、SOHOは住居契約ですので、仕事をしながらそこで生活することもできます。また、消費税がかからないため、その分経費を安く抑えることができます。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは、その名の通り、オフィス自体を持たない、住所のレンタルやそれに付随して必要になるビジネスの雑務の一部を代行するオフィス形態です。オフィス自体を持たないものの、会議室や作業スペースなどは、オプションサービスとして利用できるところも多く存在します。

港区でバーチャルオフィスやシェアオフィスをお探しなら
好立地のHarborS 表参道

初期費用が安いオフィス形態についてご紹介しました。バーチャルオフィスやシェアオフィスといったオフィス形態には、様々なタイプやプランがあるため、利用する際は価格だけでなく、業種やワークスタイルに合ったところを選ぶのが大切です。

港区南青山にあるHarborS 表参道は、表参道駅から徒歩3分のところにあり、バーチャルオフィスサービスを展開しております。港区南青山の住所貸しだけでなく、会議室やカフェスペースとしても利用可能です。港区エリアで会議室付きのバーチャルオフィスをお探しの方は、ぜひご利用ください。

※アクセスはこちら

RELATED ARTICLES

ABOUT US

バーチャルオフィスをお探しの方に向けて、HarborS 表参道の魅力や多くのお客様にご愛顧いただいている理由を解説します。

詳しく見る

まずは説明会をご予約下さい。お申し込みより最短1~3営業日で利用開始可能です。また、ご利用には審査が必要です。

詳しく見る

HarborSのバーチャルオフィスについての質問にお答えしております。ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

詳しく見る

青山でバーチャルオフィスのレンタルをお考えならHarborS 表参道へ

会社名(英文名) 株式会社アンチパターン(Anti-Pattern Inc.)
店舗名 HarborS 表参道(ハーバーズ表参道)
住所 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15−9 MINOWA表参道 3階
電話番号 03-6885-6140
メールアドレス contact@harbors.sh
URL https://harbors.anti-pattern.co.jp/virtual_office/
アクセス 東京メトロ銀座線、半蔵門線「表参道」下車 A4出口 徒歩3分

ACCESS

HarborS 表参道は、港区青山エリアに位置しており、表参道駅A4出口から徒歩3分という好立地です。
住所は「港区南青山」とブランド力抜群のこのエリアは、渋谷、原宿、麻布、赤坂、六本木エリアとも隣接しており、どこからのアクセスも抜群の立地という特徴があります。

[周辺からのアクセス]

渋谷:銀座線で1分 (徒歩20分圏内)

原宿:千代田線で1分 (徒歩20分圏内)

六本木:千代田線(乃木坂駅利用)で2分 (徒歩25分圏内)

赤坂:千代田線で6分 (徒歩30分圏内)