エンジニアにおすすめの東京のコワーキングスペース

近年、コワーキングスペースという形態のオフィススペースが増加する傾向にありますが、みなさんもう利用されたことはありますでしょうか?
フリーランスやリモートワークなど、場所や時間に縛られない働き方が可能なエンジニアにとって、自宅と仕事場を分けたり、普段と違う環境でリフレッシュするための場所としてコワーキングスペースはぴったりです。
そこで今回は、エンジニアのみなさんにコワーキングスペースの活用方法やおすすめのコワーキングスペースをご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いください。

エンジニアのコワーキングスペース活用方法

ソフトウェアエンジニアにとってコワーキングスペースはどのように活用する場所なのでしょうか?
近年のソフトウェアエンジニアにとっての大きな変化といえば、働き方の変容があげられます。世の中全体として、個人事業主やフリーランスになる人材が増加している状況ですが、その中でもエンジニアのフリーランス化は顕著です。エンジニアは専門的なスキルを持っており、かつPCがあればどこでも働けることが増加の要因と考えられ、今後もその傾向が高まっていくことが予想されます。

また、フリーランス以外にも、副業で働くエンジニアも増加傾向にあると思います。その背景として、IT人材の枯渇が大きく影響していることが考えられます。
そんな、働き方の自由度が向上しているエンジニアにとって、同じスキルを持った他のエンジニアとの交流はとても有意義です。
エンジニア特化型のコワーキングスペースHarborSの利用者の声を聞いてみると、エンジニアがコワーキングスペースを利用するシーンが見えてきました。

HarborSのエンジニアの利用シーン

  • 副業の案件を実施するための作業スペースとして利用したい
  • フリーランスなので、自宅以外の作業スペースとして利用したい
  • 土日に新しい技術の勉強がしたくて勉強場所としてスペースを利用したい
  • 自分の学習のアウトプットの場として勉強会を開催して他のエンジニアと交流したい
  • 新しい技術を勉強するにあたって同じ目的を持った仲間を探したい
  • 他の会社のエンジニアがどのような開発方法をしているのかを知りたい
  • 土日にサブプロジェクトで自分たちの仲間とプロジェクトを実施する場が欲しい

このように、本業以外の活動のためのスペースやコミュニティを求めて、仲間を探すためにコワーキングスペースを活用する人が多いことが分かりました。

エンジニアにおすすめな東京のコワーキングスペース

IT企業が東京に集中していることもあり、東京で活動するエンジニアは多いかと思います。コワーキングスペースをこれまで活用したことがないエンジニアの方にも興味を持ってもらうために

  • エンジニア向けに何かしらのサービスを提供している
  • ドロップイン利用など、会員にならなくても気軽に利用が可能
  • 勉強会やイベントをよく開催している

というような条件で、おすすめのコワーキングスペースを紹介します。

※ドロップインとは、1時間や30分など時間単位での料金を支払うことでプラン契約をせずにスペースを一時的に利用できるサービスです。気軽に使いたいライトなユーザー向けのサービスです。ドロップインの利用ができるコワーキングスペースなら試しに行ってみることができるので、お気に入りのコワーキングスペースを見つけるまで、まるでカフェを利用するかのように、気分に合わせてたくさんのスペースを利用できます。

エンジニア特化型コワーキングスペース「HarborS 表参道」

HarborS 表参道のロゴ

2020年にオープンしたコワーキングスペース「HarborS」は明確にエンジニア特化型と謳っている東京の中でも数少ないコワーキングスペースの一つです。
エンジニアといえば、渋谷のイメージがありますが、渋谷から徒歩圏内の表参道付近にも、IT企業やエンジニア向けのスクールなどもあったりと意外な場所にエンジニア向けのコワーキングスペース が突然登場しました。
HarborSは、「日本のソフトウェアエンジニアを憧れの職業へ」をビジョンに掲げた、株式会社アンチパターンが運営するコワーキングスペースです。すべてのエンジニアにHarborSを知ってほしいという野望を掲げて運営しております。
エンジニアにリアルなコミュニケーションスペースを提供して、コミュニティ形成支援をするコワーキングスペースとしてイベント運営に積極的に取り組むスペースです。
運営会社のアンチパターンは、コワーキングスペース以外にもエンジニア向けのサービスを多数提供しているのが特徴です。

1Day利用料金 営業時間 勉強会/イベント 月額プラン
3,000円(1時間600円) 10:00-20:00 毎週開催 あり(24時間利用可能)

HarborS 表参道(株式会社アンチパターン)の特徴

コワーキングスペース基本情報

店舗名 HarborS 表参道(ハーバーズ表参道)
住所 〒107-0062
東京都港区南青山3丁目15−9 MINOWA表参道 3階
アクセス 東京メトロ銀座線 半蔵門線 千代田線「表参道」下車 A4出口 徒歩3分
JR渋谷駅や原宿駅から徒歩20分圏内
電話番号 03-6885-6140
ホームページ https://harbors.anti-pattern.co.jp/
関連サービス AWS有資格者限定プラットフォーム - engineed
大学生向けプログラミング学習コミュニティ - POSSE

もっとHarborSを知りたい方はこちら

AWS Loft Tokyo 〜 挑戦をカタチにする場所へ 〜 | AWS

オフィスの風景

現在休館中(休館のお知らせ - 2020年3月2日 ~ 2021年9月30日)

世界トップシェアのクラウドサービスを提供するAWSが運営するコワーキングスペース です。AWSを活用するすべてのスタートアップ企業やエンジニアのための施設として無料開放されているとても太っ腹なスペースです。
AWSはAWSエンジニアを増やすべく、AWS認定プログラムも提供していますが、現在もAWSエンジニアの数は増加しており、こういったコミュニティ向けにリアルの場を提供してくれるのはとてもありがたいことです。特に、インフラエンジニアの方はAWSを勉強してスキルの幅を広げている人も多いのではないでしょうか?
Loftは目黒にあるスペースですが、AWSとしては、アメリカのサンフランシスコとニューヨークについで3番目の施設となるそうです。
AWSのアカウントのIDがあれば無料で使えるので、作業スペースに困っているたくさんのエンジニアにとってオアシスのような場になることでしょう。

1Day利用料金 営業時間 勉強会/イベント 月額プラン
無料 平日 10:00〜18:00
(2021年7月現在休館中)
随時開催 なし

AWS Loft Tokyoの特徴

  • AWSのアカウントがあれば無料で利用可能
  • Ask An Expert」でAWSのエキスパートへの質問が無料でできる
  • グループワークやディスカッションができるスペースがある
  • コーディングをするのに最適なスペースがある
  • スタートアップ向けのイベントが多数開催されている
  • テクニカルハンズオンラボでは自分のペースでAWSが学べる

コワーキングスペース基本情報

店舗名 AWS Loft Tokyo
住所 〒141-0021
東京都品川区上大崎 3-1-1 目黒セントラルスクエア 17F
アクセス JR山手線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線「目黒駅」より徒歩1分
ホームページ https://aws.amazon.com/jp/start-ups/loft/tokyo/

コワーキングスペース 茅場町 Co-Edo

プレゼンをする男性

設立当初はエンジニアの勉強会ができるスペースとしてスタートをされたそうです。エンジニアといえば渋谷というように、東京都内では西側がエンジニアの聖地のように叫ばれる中、東側にも拠点を作りたいという思いがあったそうです。
「勉強会主催者が使いやすいコワーキングスペースに」
というコンセプトを掲げて作られたスペースということで、セミナーやイベントのためのスペースがとても充実しています。

1Day利用料金 営業時間 勉強会/イベント 月額プラン
1,000円(1時間500円) 10:00-18:00 随時開催 あり

Co-Edoの特徴

  • 東京駅近辺でアクセスが良い場所にある
  • 勉強会の主催者に使いやすいような設計になっている
  • フロントエンド学習支援プランが存在する
  • エンジニア向けの技術書が多数

コワーキングスペース基本情報

店舗名 コワーキングスペース 茅場町 Co-Edo
住所 〒104-0033
東京都中央区新川1-3-4 PAビル5F
アクセス 東京メトロ東西線 日比谷線「茅場町」駅から徒歩2分
ホームページ https://www.coworking.tokyo.jp/

番外編 - その他の地域のエンジニア向けスペース

東京のエンジニアの方もワーケーションやリフレッシュのために、東京を出て全国各地に出かけることがあるのではないでしょうか?そんな時にぜひ活用したコワーキングスペースを紹介します。

Engineer Cafe ‒ Hacker Space Fukuoka ‒

パソコンとコーヒー

福岡市赤煉瓦文化館にオープンした施設「エンジニアカフェ」です。エンジニアフレンドリーシティらしいスペースが福岡に誕生しました。
engineer cafeは、「福岡市をエンジニアの聖地にしよう」をコンセプトに掲げており、赤レンガの歴史的な建物にエンジニア向けのスペースを改装して作った感じでした。官民一体となって、福岡を聖地にしようという意気込みが伝わってきますね。

1Day利用料金 営業時間 勉強会/イベント 月額プラン
無料 9:00〜22:00 随時開催 なし

Engineer Cafeの特徴

  • エンジニアに関するあらゆる相談に乗ってくれます
  • IT関連のコミュニティイベントが多数開催されています
  • 集中スペース も完備されています
  • 名前の通りカフェも併設されてる
  • 経験豊富なコミュニティマネージャーが多数存在してます

コワーキングスペース基本情報

店舗名 Engineer Cafe - Hacker Space Fukuoka -
住所 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1丁目15−30
アクセス 地下鉄天神駅 徒歩5分
電話番号 080-6742-7231
ホームページ https://engineercafe.jp/ja/coworking-space

まとめ

ミーティングをする人々

東京のエンジニアの方に着目して、コワーキングスペースを特集してみましたがいかがだったでしょうか?エンジニア向けとなっているスペースについては、やはり勉強会やイベントが多かったり、相談可能なサービスがあったりします。我々の運営するHarborSでは、案件獲得サービスを取り扱うなど、スペースだけではなく、エンジニアのみなさんに向けたサービスが付随されているというのが全体的な特徴的でした。ぜひ、一度足を運んでみて頂ければと思います。

エンジニアの方の作業場所・勉強場所・交流場所としてHarborS 表参道をどうぞ

会社名(英文名) 株式会社アンチパターン(Anti-Pattern Inc.)
店舗名 HarborS 表参道(ハーバーズ表参道)
住所 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目15−9 MINOWA表参道 3階
電話番号 03-6885-6140
URL https://harbors.anti-pattern.co.jp/
アクセス 東京メトロ銀座線、半蔵門線「表参道」下車 A4出口 徒歩3分

ACCESS

HarborS 表参道は、港区青山エリアに位置しており、表参道駅A4出口から徒歩3分という好立地です。
住所は「港区南青山」とブランド力抜群のこのエリアは、渋谷、原宿、麻布、赤坂、六本木エリアとも隣接しており、どこからのアクセスも抜群の立地という特徴があります。

[周辺からのアクセス]

渋谷:銀座線で1分 (徒歩20分圏内)

原宿:千代田線で1分 (徒歩20分圏内)

六本木:千代田線(乃木坂駅利用)で2分 (徒歩25分圏内)

赤坂:千代田線で6分 (徒歩30分圏内)